並木舎手帖

Home > 音楽・映画

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.12.05 Sat 『YELLOW DANCER』

久々の音楽ネタです♪

IMG_0049.jpg

待望の!切望の!星野源さんのアルバムが『YELLOW DANCER』が発売しました。
2年半長かったな〜

星野源さんと言えば、今年大手事務所への移籍をきっかけにメディア露出が急増!
ドラマ『コウノトリ』や各局の音楽番組を見て「この役者さん、歌も歌いはんねや〜」なんて思った方も多いのでは?

いやいや。歌どころか、もちろん作詞・作曲・演奏、文筆家、映像ディレクター、ダンスも踊れるマルチな才能をお持ちの方なんですよ。
今まではサブカルな世界で大人気でしたが、こうしてメジャーな場でも評価されて「さすが源さんやな〜」って嬉しい気持ちと「これで更にチケット激戦になるや〜ん」なんてちょっぴり寂しい気持ちなんです。



さて本題の『YELLOW DANCER』のこと。

源さんの音楽ルーツであるマイケルジャクソンをはじめとする「BLACK(黒人)MUSIC」を、源さんのフィルターを通して新しい音楽「YELLOW(日本人)MUSIC」として発信。

2013年にくも膜下出血で活動休止中、何もする気がなく、音楽も聴く気になれなかった時に、ふと立ち寄ったコンビニで流れていた大好きなBLACK MUSICに救われたそうです。
病気も回復し、事務所も移籍し、源さんにとって「新しいはじまり」的な前向きな一枚!

思わず踊りたくなるようなダンスナンバーあり、
夜景が合うしっとりしたソウルナンバーあり、
今年解散したインストバンド『SAKEROCK』への愛情を感じる曲あり。

曲名以外に英語が入っていないのも、源さんが「YELLOW」であることを大切にしていることが伝わってきます。
日本の情景や季節を感じさせるような言葉のテクニックがまたニクイ。
日本人の耳に馴染む聴きやすい曲ばかりです。

源さん渾身のめちゃくちゃオシャレでカッコイイ一枚になっています!
現在アルバムチャート1位!

是非、聴いて、踊って、浸って、泣いて下さい。
何度リピしても飽きないです。
私は特に「時よ」「ミスユー」「Down Town」「Friend Ship」が好き。
夜に湾岸線ドライブしながら聴いたら気持ちいいだろな〜♪

まずはPVからご覧あれ!→http://www.hoshinogen.com/video/


namikisya_banner.jpg
  ↑並木舎のHPはコチラ↑
スポンサーサイト

2014.10.10 Fri 10周年祝い 〜ライブ〜

IMG_2127.jpg

えらく引っぱりましたが10周年祝いもこれでシメ。
メインイベントは夫婦でKIRINJIライブへ行って来ました。
出会った当初に父ちゃんに勧められてから夫婦でずっと好きなアーティスト。

兄弟ユニットでしたが去年弟が脱退し
5名の新メンバーが加入し新生KIRINJIが誕生しました。
正直なところ、弟の歌声が大好きだった私はこのライブへ行くのは
いなくなったことを目の当たりにする初めてのライブなので複雑な心境でした。

女性メンバーが加わったことで華やかさとまろやかさが出て
5名の新メンバーひとりひとりのスキルがとても高いので
すごく広がりと深みを感じる楽しいライブでした。
中でも特に目を惹いたのはギターの弓木英梨乃さん。
笑顔も歌声もかわいくて、そのルックスからは想像できないギター技術の高さ。
惚れ惚れしました。

曲目も新旧折り混ぜ、曲数も盛りだくさんで大満足!
新生KIRINJI、なかなかの面白いバンドになりました。

やはり時折寂しさも込み上げつつ…
これだけ豪華なメンバーをもってしないと弟の穴埋めは難しいのかなと
弟の存在の大きさを改めて感じるライブでした。
更に弟のライブにも行きたくなりました。

離れたことで、各々存分に自分の好きな音楽に打ち込める。
兄弟の今後の活躍も期待しています。


音楽や映画が好きがきっかけで出会った私達。
昔はよくライブや映画館に出かけていましたが
息子が生まれて、少しずつ仕事を再開し、
私自身が娯楽のことまで気が回らなくなって
父ちゃんが音楽・映画話をしてもスルーすることが多くなっていました。
寂しそうな顏を横目に「悪いな〜」と思いつつ…

どうしても後回しになりがちなジャンルですが
心には欠かせない大切なエッセンス。
音楽や映画をゆっくり楽しむ心の余裕を持ちたいものです。


デザインとテヅクリ屋 並木舎のHPはコチラ→
Twitterでも気まぐれに呟いています→


2014.03.19 Wed 『星野源の復活アアアアア!』

IMG_9933.jpg

待望のこの日がやって来ました!
くも膜下出血により一時活動休止されていた星野源さんの復活ライブ。

身近に預ける人がいないので
息子が小さいうちはライブは無理だろうと諦めていましたが
これは何が何でも行きたい!!!と後先考えずチケットを取りました。
最悪連れて行く事も考えていましたが
結局会場の近所に24時間保育園があったのでそこに預けることに。
こういう所があったんですね。有り難いです。

完治したと言ってもやっぱり体調のことが心配でしたが
そんな不安も吹っ飛ぶぐらいのテンションで会場も大盛り上がり!
ファン以上に星野さん自身が一番嬉しそうでした。
今まで行ったライブはしっとり聴き入る曲が多かったですが
ノリノリの曲もたくさん盛り込まれて星野ワールドの広がりを感じました。
ミュージシャンだけでなく俳優業もされているだけあって
演出がおもしろすぎてエンターテイメントに富んだライブでした。
心底楽しんだのはほんと久しぶり。
やっぱり星野さんいいな〜♪ライブいいな〜♪

復活の喜びだったり
丁度その日が3.11だったり
産後初のライブだったり…
色んな感情でうるうるしていました。

日中は息子とべったり、夜は仕事、合間に家事をして…
息子の為によくないからとテレビを見ることもほとんどなく
流す音楽もほぼ子供向けのものばかり…
音楽・映画好きの父ちゃんが横でのほほ〜んと楽しむ姿にカチンと来たり…
大好きな音楽や映画のことに回す心の余裕もない日々を過ごしながら
自分がカスカスになっていくのを感じていました。
やっぱりイカンですね。
もっともっと心潤していこう♪

2013.10.03 Thu 『地獄でなぜ悪い』

IMG_7063.jpg

園子温監督×星野源。
大好きなこの2人が絡むと聞いて公開を待ち望んでいました。
地獄でなぜ悪い』。
息子を父ちゃんに任せ1人でレイトショーに行ってきました。

過去に観た園監督の作品はディープでハードでテンポも早く強引な展開だったりと
観終わった後に強烈な衝撃と疲労感を感じるものが多かったですが
この作品はそうでありながらも観終わった後スカッと気持ちイイ!
今までの作品同様、血まみれのエグイシーン満載なのにとっても爽快!!
そう思わせるのは園マジックにかかってしまったからでしょうか。
エンドロールの源さんの曲もぴったりハマっていて更にテンションUP↑↑↑

園作品では『愛のむきだし』が一番好きでしたが超えましたね〜
『愛のむきだし』を彷彿させるシーンもあってファンにはたまらなかったです。

大好きな源さんもよかったですが
特に印象的だったのは長谷川博己さんのハイテンション演技、堤真一さんのコミカルな演技。
園監督は役者のイメージを覆すような使い方をされることが多いですが
役者の眠っている才能の引き出し方がほんとウマイと思います。
演じている方もきっと楽しいだろうな〜

エグイシーンが苦手な人も気軽に楽しく観れる映画だと思います。
ヤクザ映画×青春映画なんてまずないでしょうね。
是非多くの人に観てもらいたいな〜
あ〜また観たい!!!



【お知らせ】
10/24〜26 『sumicaのお店』に参加します。→




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。