並木舎手帖

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 子供 > 1歳7ヶ月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.14 Tue 1歳7ヶ月

(また息子ネタですが…)

よくオモチャに“対象年齢/1.5歳〜”と書いてありますが
大きく変化する時期なんでしょうね。
最近本当に色んなことができるようになってきました。
ハッキリとした単語はまだ少ないものの話せる言葉が増えてきて
こちらの言っていることは大体理解もしています。
ひらがな表の絵を「みかんはどれ?」などと聞くと半分以上は指差します。
私の口癖をマネするようにもなってきたので言葉使いは気をつけなければ。
今まで幼児番組の体操や手遊び歌はぼ〜と見ているだけのことが多かったですが
今では曲を聞くだけでリズムを取ったり手を動かしたりできるようになって
増々子供らしくなってきて見ていても楽しいです。
最近は動物のオモチャを動かして遊んだり
食べ物のカードを親に食べさせたりと“ごっこ遊び”がブーム。

理解力がついてきたのでごまかしもきかなくなってきました。
父ちゃんと2人きりの方がいい子にしていることが多いので
「もう大丈夫かな?」と先月父ちゃんに預けて友達と遊びに行ってきましたが
愚図らないようにこっそり行ったのがよくなかったのか
その翌日から私に対して異様に執着するようになったのです。
集中してテレビを見ている時にそっとトイレに行っても泣いて着いてくるし
料理していてもテレビ・スマホ・PCを見ていても足元で「僕の相手をしろ!」と大抵抗。
今まで全然大丈夫だったのにお風呂も寝かしつけも父ちゃんだとギャン泣き。
きっと少しでも自分のことを見てくれないと
「また母ちゃんに置いて行かれる」って思わせてしまっているんだろうなと反省…
それ以降は必ず「洗濯物干して来るから少し待っててね」
「今日は父ちゃんとお風呂やで」などとしっかり説明するようにしています。
子供って大人が思っている以上に色々理解しているんですね。

先月はずっとベッタリ状態が続いたので本当にしんどかったですが
正月休みに父ちゃんにたっぷり遊んでもらったお陰で
私への執着心も少し和らいできたのでほっとしました。

成長と共に大変さも変わってきますが
0歳の頃は“お世話”がメインだったのが
一緒に遊んだり学んだりできるようになって育児が更に楽しくなってきました。
(イヤイヤ期到来にはドキドキしていますが。)


IMG_9017.jpg

少し前まで足に力を入れてしまってうまく滑れなかったのに
低い滑り台なら1人で滑れるようになりました。
なんだか得意げな表情(笑)

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。