並木舎手帖

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 暮らし > モンテッソーリを暮らしに

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.01 Tue モンテッソーリを暮らしに

先日 Child工房さんで藤原先生によるモンテッソーリ講座を受けました。
それは「子供がひとりでできるように環境を整える」というもの。

危ないから、汚いから、触られたくないから、見栄えが悪いから…
様々な理由で(大人の都合が大半)子供目線の暮らしではありませんでした。
それは「やりたい!」と願っている子供の自立心を抑えているものだと知りました。
夫婦揃って心配性で神経質なので親としては配慮していたつもりでしたが
それは子供の可能性を抑えてたのだと思います。

部屋も狭いからあまり家具を増やせないしお金もかけたくないので
まずはできる範囲で環境を整えてみました。

IMG_0681.jpg

お気に入りの私用の本棚。
ガラスが繊細で危ないし傷つけられたくなかったので
触れないようにしていましたが息子専用の棚にしました。
棚には絵本とお勉強的なオモチャ、
引き出しにはお絵描きセットとパズルを。
絵本は数もまだ少ないのでカゴの中に入れていましたが取り出しやすくなりました。

自分専用の場所ができてすごく嬉しいのか
何度も開け閉め、出し入れして遊んでいます。
特にクレヨンは落書きされるのが嫌で親が出すようにしていたので
自由に触れるのが嬉しいのかしょっちゅう出しています。
今まであまり興味なかったのに。
(案の定、机と壁に落書きされましたけどね〜)


IMG_0683.jpg

押入れに仕舞っていた円卓を出してきて子供専用の机にしました。
結構大きいので充分に物を広げることができます。
机の下にはオムツ・おしりふき・ガーゼをカゴの中に入れ
必要になったら自分で取り出せるようにしました。
トイレトレーニングにも繋がればいいかなと。
時々ですがオムツを替えてほしい時は自分で取り出すようになりました。


IMG_0682.jpg

ざっくり入れていた3段のオモチャ箱は
オモチャの数を減らしてジャンル分けをしました。
上段は音楽の鳴るオモチャ、中段はレゴとミニカー、下段はレゴ。
レゴも1カ所にまとめていましたが
ブロック・動物と人形・線路と更に取り出しやすいように100均のカゴで分類。
大人ですら探し出しにくいのですから子供なんて尚更です。
カゴごと出して遊んでいるので片付けも楽になりました。


IMG_0684.jpg

大嫌いな歯磨き。
洗濯機の下部にカゴを取り付け
その中に歯ブラシ・歯磨き粉・コップをまとめて入れ
自分で取り出せるようにしました。
口に入れてもっと遊ぶと思いましたが意外に大丈夫で
「歯磨きするよ〜」と言うとその時だけ嬉しそうに自分で出してきます。
まだ歯磨き自体は抵抗しますが、今まで逃げ回っていたので大きな成長です。

子供というのは環境の変化に敏感だな〜と。
手当たり次第にオモチャを出してきて、
かと思ったら特に遊ぶこともなくまた次のオモチャを出してきて
あまりに散らかるので私が片付けると怒ってまた出してきて…
この繰り返してほとほと困っていましたが
配置換えした日から不思議と荒くたい使い方はしなくなりました。
これが一過性のものなのかは経過観察中です。


この「環境を整える」は大人にも言えること。
物を減らして分かりやすいように整理する。
作業がしやすいように導線を考える。
そうすると気持ちも落ち着き物事に集中でき
丁寧な暮らしができるようになるのは大人も同じはず。
日々の忙しさに大雑把になってしまっていた暮らしを
今一度見直したいと思いました。

まだ勉強しはめたばかりのモンテッソーリ。
奥深いものなのでひとつひとつ勉強して暮らしに取り入れていきたいです。



デザインとテヅクリ屋 並木舎のHPはコチラ→



スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。