並木舎手帖

Home > 子供

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.30 Wed 夏の思い出

毎日暑い日が続きますね。
世間では夏休み突入!
ママさん方にとっては「地獄のはじまり〜」と言う声も聞きます。
こう暑いと付き合うママも体力勝負。
毎日本当にお疲れ様です。

我が家はあまり子供が喜びそうなスポットに連れて行ってあげられていないので
海遊館アンパンマンミュージアムにお出かけしました。

今まで何度か動物園に連れて行ったことがありますが
思いの外親が思っているほど喜んでくれず
動物より落ちている葉っぱや石の方が興味あったり
走り回る方が楽しかったり反応が微妙でした。
息子なりのツボがあるのでしょうね。
さすがにもう2歳になったし
魚たちにも興味も持ってくれることだろうと思っていたのですが…

IMG_1180_2014073004010437c.jpg

じっと見てくれていたのは初めの15分程度。
あとは混雑した人混みの間をすり抜けて走り回る方が楽しかったようで
親2人でずっと追いかけ回してクッタクタ…
人の多いところが大好きな息子。
薄暗い感じが更に興奮したのでしょう。
親も楽しみにしていただけに消化不良…
写真を数枚残すのが精一杯でした。とほほ…


IMG_1182.jpg

次に行ったアンパンマンミュージアムはすご〜くツボにはまったようで大興奮!
1時間半ノンストップであちこち走り回って遊んでいました。
さすがアンパンマンは強い!
こんなに喜んでくれるなんて朝思いつきで連れてったけどよかった〜
それにしても随分体力がついてすばしっこくなってきました。


IMG_0968_20140730040526118.jpg
IMG_0964_201407300401070b2.jpg

個人的にはこういうところにテンション↗
アンパンマンファンならずとも萌えました。
さすが低年齢の子供対象のスポットだけあって
全てが子供目線で使い勝手もすごくよかったです。


「魔の2歳児」とか「男の子は大変」なんてよく聞いていましたが
「なるほど。こういうことか…」と最近身を持って体験しています。
落ち着きなくちょこまか走り回ったり
親が怒ることをわざとやって楽しんだり
ワガママが激しくなってきたり
暴力的・破壊的な行動が増えてきたり…
ほんと、最近色々と手を焼くことが増えてきました。
大声出して怒鳴ることや振り回されてクタクタになることも…
思わず『男の子の育て方』的な本を買ってしまいましたよ。
手がかかる分かわいいんですけどね〜

息子のパワーに負けないように私もパワー付けてこの夏を乗り越えなくては。
(美味しい鰻をたらふく食べた〜い!…心の叫び)


デザインとテヅクリ屋 並木舎のHPはコチラ→


2014.06.03 Tue ★ HAPPY BIRTHDAY ★

P6029551のコピー

先日息子が2歳の誕生日を迎えました。
特別なことはしませんでしたが
普段は家事や仕事で充分に構ってあげることができていないので
家や公園で手厚く接待しました。
2日間で4ヶ所も公園に行きましたよ。

そしていつも手抜き料理ばかりですが
お野菜たっぷりの息子の大好きなコロッケを作りました。
あっという間に完食!

親からのプレゼントはLEGOの列車、
おじいちゃん達からは自転車。

P5319327のコピー

お菓子作りが全くできないので近所のケーキ屋さんでオーダー。
懐かしいお友達もみんなお祝いにかけつけてくれました♪


よく熱を出したり、けいれんを起こしたり、鼻の手術もしましたが
特に大きな病気も怪我もなく健やかにのびのびと育ってくれ
親孝行な息子に感謝です。

低体重で生まれ卒乳するまではおっぱい以外ほとんど口にせず小振りに育っていますが
よく食べるようになってからは随分ずっしりしてきて
大暴れする息子を抱っこするのも一苦労。

いよいよ“魔の2歳児”。
最近は親が怒ったり注意すると暴力で反撃したり
それをおもしろがって更にエスカレートしたり大変…
毎日外や店内を大声出して追いかけ回ってヘトヘト&
いつか怪我や事故を起こさないかハラハラ。
考えてみれば、親を弄んで反応を楽しむようになるなんて
すごいスキルアップなんですけどね。
正に子供は大人のエネルギーを食べて育つ小さな怪獣。

最近のブームはひらがな。
お風呂や部屋に貼っている表が大好き。
「りんご」も「いぬ」もまだ言えないのに
50音を読み上げ周りの大人をビックリさせています。
相変わらず絵本は大好きで
自分で文字が少し読めるようになって嬉しそうにしています。


P5319339.jpg

“魔の2歳児”と言われるぐらい
この1年は色々と振り回されることだと思います。
でもベッタリできるのも、彼の長い人生の中でほんの数年。
成長が楽しみと同じぐらい
「言うてるうちに離れて行っちゃう…」と母ちゃんはちょっぴり寂しい気持ちもあったり…
今の貴重な息子との時間をもっともっと楽しまなきゃ!
今が第2の私の青春★

我が家に来てくれて本当にありがとう!
君のお陰で母ちゃんも生まれてきてよかったと思えるようになったよ。
毎日が本当に楽しくって過ぎていくのが勿体ない。


デザインとテヅクリ屋 並木舎のHPはコチラ→

2014.05.10 Sat はじめてのタケノコ掘り

P5098770.jpgP5098780.jpg

先日はChild工房でタケノコ掘りに行きました。
息子は人が多いところと歩き回って草花や生き物を見ることの方が大好きなので
あちこち動き回ってそれを追いかけることで精一杯でタケノコどころではなかったですが
料理担当のおばあちゃんが作ってくれたタケノコご飯とタケノコみそ汁、
野草の天ぷらは格別に美味しかったです!
普段は好き嫌いが激しい息子も黙々と食べていました。

P5098800.jpg

とても素敵な経験ができました。
もっと色々自然に触れさせてあげないな〜
今しか持てない息子との時間を大切にしたいです。


デザインとテヅクリ屋 並木舎のHPはコチラ→


2014.04.24 Thu 無事退院しました

無事手術が終わり予定より早く退院できました。
ご心配下さった皆様、本当にありがとうございます。

手術の時は麻酔が効くまで私が立会いましたが
さすがに見ているのが辛いのと不安で涙が止まりませんでした。
全身麻酔と言うことは仮死状態。
「このまま死んじゃうじゃないか…」って。

術後はひどい汗だくでぐったり、意識も朦朧としていましたが
2日後にはいつものヤンチャ坊主に復活。
狭いベッドの中で有り余るパワーを受け止める方が大変だったくらいです(^-^;)
他の子はみんな嫌がるらしい薬が息子は好きみたいで
残さず飲んでくれたお陰かひどく痛がることもなくほっとしました。

ただ、本当に手術したの?と思うぐらい
術前と症状に変化がないので心から安心はできず…
先生はそのうち落ち着いてきますとおっしゃているのでその言葉を信じるばかりです。
早くスッキリさせてあげたい。

帰宅した息子は大喜び!
休む間もなく興奮気味にオモチャを片っ端から取り出し遊んでいました。
幼いなりに慣れない入院生活はかなりのストレスだったのでしょうね。
あまりに嬉しかったのか「おうち」と言う言葉も覚えました。
やっぱりおうちが一番(^^)

もう少し安静にしてゆっくり過ごそうと思います。
ご迷惑お掛けしますがよろしくお願い致します。


IMG_0173.jpg

帰宅すると窓の向こうでヤモリがお出迎え。
留守を守ってくれてたのかな(^-^)

2014.01.14 Tue 1歳7ヶ月

(また息子ネタですが…)

よくオモチャに“対象年齢/1.5歳〜”と書いてありますが
大きく変化する時期なんでしょうね。
最近本当に色んなことができるようになってきました。
ハッキリとした単語はまだ少ないものの話せる言葉が増えてきて
こちらの言っていることは大体理解もしています。
ひらがな表の絵を「みかんはどれ?」などと聞くと半分以上は指差します。
私の口癖をマネするようにもなってきたので言葉使いは気をつけなければ。
今まで幼児番組の体操や手遊び歌はぼ〜と見ているだけのことが多かったですが
今では曲を聞くだけでリズムを取ったり手を動かしたりできるようになって
増々子供らしくなってきて見ていても楽しいです。
最近は動物のオモチャを動かして遊んだり
食べ物のカードを親に食べさせたりと“ごっこ遊び”がブーム。

理解力がついてきたのでごまかしもきかなくなってきました。
父ちゃんと2人きりの方がいい子にしていることが多いので
「もう大丈夫かな?」と先月父ちゃんに預けて友達と遊びに行ってきましたが
愚図らないようにこっそり行ったのがよくなかったのか
その翌日から私に対して異様に執着するようになったのです。
集中してテレビを見ている時にそっとトイレに行っても泣いて着いてくるし
料理していてもテレビ・スマホ・PCを見ていても足元で「僕の相手をしろ!」と大抵抗。
今まで全然大丈夫だったのにお風呂も寝かしつけも父ちゃんだとギャン泣き。
きっと少しでも自分のことを見てくれないと
「また母ちゃんに置いて行かれる」って思わせてしまっているんだろうなと反省…
それ以降は必ず「洗濯物干して来るから少し待っててね」
「今日は父ちゃんとお風呂やで」などとしっかり説明するようにしています。
子供って大人が思っている以上に色々理解しているんですね。

先月はずっとベッタリ状態が続いたので本当にしんどかったですが
正月休みに父ちゃんにたっぷり遊んでもらったお陰で
私への執着心も少し和らいできたのでほっとしました。

成長と共に大変さも変わってきますが
0歳の頃は“お世話”がメインだったのが
一緒に遊んだり学んだりできるようになって育児が更に楽しくなってきました。
(イヤイヤ期到来にはドキドキしていますが。)


IMG_9017.jpg

少し前まで足に力を入れてしまってうまく滑れなかったのに
低い滑り台なら1人で滑れるようになりました。
なんだか得意げな表情(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。